最新の投稿
薬を飲む男性

性器に発症する感染症はすべて、性行為が感染経路になって発症すると想定されがちですが厳密に言うとその見方は正しいとはいえません。そもそも性病とは性行為をきっかけに電線する感染症のことを意味しています。もっとも性病というと性器の挿入を伴う狭義の性行為を行うことが必須の条件になっているとのイメージが強いようですが、感染部位に傷口が接触したり病原体が含まれているので唾液の体内への流入など、必ずしも狭義の性行為に至らなくても感染のリスクは秘めているのです。つまり性的接触を伴うのであれば必ずしも性行為に限定する必要はなく、性交渉全般が広く感染するリスクを秘めていると考えるのが妥当です。つまり性交渉には、原因となる細菌やウイルスを相手方に感染させるリスクを秘めているといって間違いないでしょう。従って性交渉には性器の口腔粘膜への接触を伴うオーラルセックスはもちろん、口唇性交やアナルセックスなども相手方への性病の感染リスクの高い行為と認識して備えるのが賢明な姿勢と言えます。
そして性病だけでなくあらゆる病気に妥当する事実ですが、病状が悪化してからでは全身症状がでるなど診断や治療が大掛かりになりケアするための時間や費用も嵩むことになります。場合によっては生命にかかわることも。
そこで性病を早期発見することが重要です。性病を早期発見して早期治療することが迅速な治癒につながります。しかし早期発見と早期治療のチャンスを逸しないためには、感染のきっかけになった直近の性交渉などを喚起して医療機関を受診するのが最善の選択肢になります。しかしなかには性交渉すら持っていないにもかかわらず感染してしまう感染症も存在しているわけです。性交渉もなく感染する性器の感染症には、膣トリコモナス症やカンジダ膣炎を指摘することができます。
膣トリコモナス症は細菌ではなく、トリコモナス原虫が膣に感染することで引き起こされます。膣トリコモナス症の原因となる原虫は水分さえあればある程度生存することが出来ます。つまり性交渉がなくても温泉などで感染するリスクがあるわけです。またカンジダ膣炎を引き起こすカンジダは常在菌の一種なので性行為すらなくても発症する可能性があります。従って性行為がなくても、原因が唾液に含まれていたり、傷口に接触することによっても性病は引き起こされるリスクは存在しています。またトリコモナス原虫のように温泉などの公衆浴場の利用だけでも感染するリスクは否定できないわけです。